斑尾高原 希望湖のホームページ 本文へジャンプ

斑尾高原を歩く・・・希望湖周辺


飾りつき見出しサンプル












斑尾高原は、読売新聞が主催する「一生に一度は訪れてみたい場所遊歩百選」のひとつに選ばれました。

斑尾高原周辺には湿原、湖、山頂を結んでたくさんのトレッキング、ウォーキングコースがあります。

希望湖周辺には希望湖のほとりを一周する希望湖周回トレイル、水芭蕉やリュウキンカなどが咲く沼ノ原湿原とを結ぶ希望湖トレイル、山頂からの景色が見事な毛無山山頂を結ぶ毛無山トレイルがあります。

たくさんの野鳥の声がシャワーのように降り注ぎ、
四季折々の花が咲き、豊かな森が体と心を癒してくれます。



希望湖周回トレイル(約2.5km)

湖のほとりをぐるっと一周できます。
ところどころにベンチが置いてあり、お弁当やお茶を楽しむこともできます。



希望湖トレイル(約1.9km)

希望湖と沼ノ原湿原を結んでいます。
沼ノ原湿原は原生花園とも呼ばれ、春から初夏にかけて水芭蕉、リュウキンカ、ミツガシワ、カキツバタ、ニッコウキスゲなどの花が咲きます。

沼ノ原湿原からはペンション街などに繋がるコースが
いくつかに別れており、多彩なコースが楽しめます。



毛無山トレイル(約1.4km)

長野県と新潟県の県境の横たわる関田山脈の尾根に
距離約80kmに及ぶ、超ロングなトレイルコース、信越トレイルがあります。
斑尾高原はこの信越トレイルの南側の基点になっており、この毛無山トレイルはその一部分で、信越トレイルのメイントレイルでもあります。

毛無山山頂からは麓の飯山市、対岸の志賀高原の山々などが見渡せます。